小野マトペの業務日誌(アニメ制作してない篇)

はてなダイアリーの閉鎖をうけ、旧ブログ http://d.hatena.ne.jp/ono_matope/ から移行しました。続きは→ http://matope.hatenablog.com/

本日吉日無事出産致し候

アニメ、完成しました。命名、「平面男」。
出来の悪い子供ですが、まず産み落とせた事を歓びたいと思います。
昨日は家に帰って作業するも、頭が痛くなったので9時ごろ就寝。本日は5時起床。カット「格闘」を仕上げ、カット「疾走」の合成/仕上げを昼までに終わらせる。ちなみにデジコンの締切りは本日5時。学校の窓口に提出する事になっている。俺の自宅から学校まではおよそ1時間半〜2時間掛かる。午後1時、編集中のiMovieのファイルが突如開かなくなる。原因不明。咄嗟にファイルをコピーしてそちらのオープンに成功したものの、大分時間をロスする。午後2時、AEでタイトル作成。他タイポグラフィーも4カット作成。こんな重要なモノをギリギリまで作らないというのがそもそも間違ってる気がしてくる。
午後3時半、完成。ダイナブックにファイルをコピーし家を飛び出す。電車の中でCDを焼く。駅からタクシーに乗り、午後4時59分に窓口に駆け込み、無事提出。非常にスリリングでした。参加賞にiモード用のホームページビルダーを貰う。
窓口のおっちゃんに尋ねたところ、キャンパスからは10本の作品がエントリーしているという。でも学内デジコンには静止画/動画/WEB/シミュレーション部門があるから、動画のエントリーは俺入れて2,3本なんだろう。他キャンパスからの応募状況はわからないものの、まあ全校で5,6本の応募じゃないだろうか。
 
で、俺の「平面男」だけど、どうかと訊かれればぶっちゃけ作品としては失敗してしまったと思う。作画のクオリティには吾ながら責任を持って悪くないと言えるんだけれども、演出脚本等鑑みず、それだけでは作品にならないという事です。
しかし今作を通して見えたものは非常に大きく、価値のある習作だったと認識。
吐き出したい事は溜まっているので、明日辺り作品Upすると思う。
今日は、もう疲れた。

追記

なんか毒ばっかり吐いてるみたいなので寝る前に補足しておくと、制作動機である「アニメと実写の合成表現」の探求という点では結構面白い物になってるんじゃないかと思う。しかし俺の精一杯のジャンプで届いた地点から、その表現の新たな問題点を発見したということです。(いや、俺が身体で体験したという意味で、一般的には新しくも何とも無いんだけど)

ono_matope2004-10-18

昨日から俺を悩ませた「AEでコンポーズするとあるレイヤーに謎の白い線が現れる」現象が解決。素材をフォトショで見てもそんな線は見つからなくて謎だったんだけど、実はフォトショでフレーム外にズレた部分に線が入ってた。な〜んだ。な〜んだ。